日高哲朗 シューティング・メソッド VOL. 4 Game Shooting Drills ゲーム・シューティング・ドリル [BBH21HT004]

日高哲朗 シューティング・メソッド VOL. 4 Game Shooting Drills ゲーム・シューティング・ドリル [BBH21HT004]

販売価格: 8,580円(税込)

在庫数 45点
数量:

商品詳細

日高哲朗先生のワンハンド・シュート指導の集大成ともいうべき『日高哲朗 シューティング・メソッド 全4巻』をお届けします。

◼️相手との駆け引きによって状況判断を伴う技術を学ぶ「ゲーム・シューティング・ドリル」

 シュートの練習がシュートフォームを習得し、シュートの確率をあげる練習だけで終っているケースが多く見られます。しかし練習では7割の確率でシュートが決められても、ゲームでは3割以下になってしまうような場合、ゲームライクなシュート練習をしていないか、あるいは判断を伴うようなシュート練習が足りないことが原因です。
 心理的なプレッシャーを与え、ディフェンダーを認識させるシュート・ドリルが求められます。この段階では機械的にプレーするドリルではなく、シンプルではあっても「見て判断する」ことを要するドリルを工夫します。

本編 35:34

 Volume 4 Game Shooting Drills ゲーム・シューティング・ドリル

 1)プレッシャー・シューティング  「ディフェンスをよく見て、判断し、シュート」
  ●ドリブルなし
    ゴール下からパスを出し、シューターにクローズアウト、シューターはキャッチ&シュート
    入ったら連続してシュート、外したら交代し、1分30秒で何本入ったかを競う
  ●ワンドリ OK
    ゴール下からパスを出し、シューターにクローズアウト
    シューターはワンドリまでOK、但しレイアップはなし
  ●場所をコーナーに変更し、ツードリまでOK
    ゴール下からパスを出し、コーナーのシューターにクローズアウト
    シューターはそのままクイックシュート、あるいはワンドリのジャンプショット、ツードリのレイアップもOK
 ●Def.つき(1)
    シューターはトップの3Pラインの1歩外に立つ
    Def.はペイントのラインをまたいでエルボーに立つ
    ゴール下からパスが出たら、Def.はウイングの3Pラインを踏んでから、シューターにブロックに跳ぶ
    ローテーション:Def.がシューターに、パッサーがDef.になる
 ●Def.つき(2)
    今度は逆サイドで同様に行なう
 ●Def.つき(3)
    Def.はフリースローラインをまたいで立ち、トップの3Pラインを踏んでブロックに跳ぶ
    Def.は3Pラインの左右のいずれを踏んでも構わない
    シューターはそれをよく見て判断してジャンプショットを打つ
2)スクリーン・シューティング  「スクリーンプレーを行い、シュート」
  ●ダウンスクリーン(1)
    ウイングにパッサー2人
    逆サイドのスクリナーはウイングからダウンスクリーンに入り、コーナーのユーザーがカールカットでボールを受けてシュート
    スクリーナーはガードにあがってボールを受けてシュート
    ローテーション:ユーザーとスクリナーがパッサーに移動し、パッサー2人はユーザーとスクリナーの列に移動する
  ●ダウンスクリーン(2)
    2ガードポジションでスクリナーは隣りのガードにパスしてからダウンスクリーンに入る
    コーナーのユーザーはカールカットでインサイドに入り、パスを受けてジャンプシュート
    スクリナーはガードにあがって、パスを受けてジャンプシュート
3)ドライブ&キック Def.つき  「ドライブからボールサイドのプレーヤーにパス」
    (ドリブルで引きつけてパス)
     ミドルからDef.を引きつけながらドライブし、コーナーのシューターにパス
    Def.はシューターにブロックに跳ぶ
    シューターはそのままシュートしても、ワンドリ、ツードリのジャンプシュートでもOK
    ただしレイアップはなし
    ローテーション:ドリブラーは次のDef.に入るが、今度は逆サイドにドライブする
4)バン・バン・シューティング  「ドライブ&キックから展開し、シュート」
  ●ベースラインドライブから
    パスを2回展開することになるのでバン・バン・シューティングと呼ばれる
    ゴール下のパッサーとドライブに行くウイングはペア、Def.2人もペア、逆サイドのオフェンス2人もペア
    Def.2人はフリースローレーンの1歩中にいる
    ウイングのプレーヤーは音を出してからベースラインドライブに行く
    Def.がヘルプに来るので、逆サイドのコーナーのプレーヤーがフリーになる
    ドライブからコーナーへパス、コーナーからウイングへパスしてシュート
    ドライブしたプレーヤーはパスしたらポップアウトして、ゴール下のパートナーからパスを受けてシュート
    ローテーション:Def.2人はドライブサイドの列に入り、逆サイドのオフェンスはDef.に、残り2人は逆サイドのオフェンスに入る
  ●ミドルドライブから
    ウイングのプレーヤーは音を出してから今度はミドルドライブに行く
    Def.がヘルプに来るので、逆サイドのウイングプレーヤーにパス
    さらにウイングからコーナーへパスしてシュート
    ドライブしたプレーヤーはパスしたらポップアウトして、ゴール下のパートナーからパスを受けてシュート
5)バン・バン・ライブ  「ゲームライクに攻撃し、シュート」
    3対3のライブ
    ウイング3Pライン沿いに2つのコーン
    オフェンスとDef.がコーンを間に向かい合う
    Def.はオフェンスにボールを渡してからいずれかのコーンを触る
    オフェンスはそれに合わせてベースラインかミドルにドライブ
    ペイント内のDef.のヘルプが遅ければドライブからシュートもOK
    ヘルプが間に合えば、逆サイドのオフェンスにパス
    それにもDef.が対応してきたら、そこからは普通の3対3に入る

*映像ではボースハンド(両手)シュートの選手といっしょに練習しています。

商品詳細

分類 対象:全般 レベル:初級者〜 内容:相手との駆け引きによって状況判断を伴う技術を学ぶドリル集
仕様 DVDビデオ、盤面4色印刷、トールケース入り、ジャケット4色印刷

プロフィール・その他

レビュー

0件のレビュー