鈴木良和 今より少しうまくなろう Vol.8 ドリブルの発展2 アダプタビリティ [DVD2枚組] [BBH10SY008]

鈴木良和 今より少しうまくなろう Vol.8 ドリブルの発展2 アダプタビリティ [DVD2枚組] [BBH10SY008]

販売価格: 9,936円(税込)

在庫あり
数量:
SUKOUMAドリブル編がいよいよ最終巻となりました。この巻はDVD2枚組みとなっています。
「発展編」の第2弾、アダプタビリティ「適応性・融通性」です。
相手ディフェンスがどのように反応するかによって、対応を変えられなければ、実戦で有効なドリブルとはなりません。このアダプタビリティ「適応性」のテクニックを学んでいくのが、この巻の大きなねらいです。
もちろんこのレベルですと、簡単に身につけられる技術とは言えません。しかし、さまざまな技術やポイントを数多く学び、トライすることで一層ドリブルの技術は高まりますから、ぜひチャレンジしていってください。
*本巻には2枚のディスクが入っています。以下、DISC-AとDISC-Bの内容を紹介します。



DISC-A
本編 42:45

◆アドバンストチェンジ
 ハーフターン
 インサイドアウト
  インサイドアウト
   分解練習1〜ドリブル1回分の距離で
   分解練習2〜どんな距離でもできるように
   分解練習3〜膝下のフロントチェンジで
   分解練習4〜ディシジョンメイク
   (左手での分解練習)
   判断練習まとめ
  インサイドアウトの土台づくり
  (右手・左手)

◆ダブルチェンジ
 フロントチェンジからのダブルチェンジ
   フロントチェンジ▶フロントチェンジ
   フロントチェンジ▶ロールターン
   フロントチェンジ▶ビハインド
   フロントチェンジ▶レッグスルー
 インサイドアウトからのダブルチェンジ
   インサイドアウト▶フロントチェンジ
   インサイドアウト▶ロールターン
   インサイドアウト▶ビハインド
   インサイドアウト▶レッグスルー
 
インタビューシリーズ『夢をかなえる力 Vol.8』

1選手としてどのようにバスケットに関わってきたのか、指導者としてどのように考えているのか。鈴木良和氏自身がいつ、どのように考え、決断してきたのか、その経歴をインタビューによって明らかにすることでバスケットボールを楽しんでいるみなさんのひとつの指針となることを願っています。インタビューは技術編各巻に振り分けて収録されます。

本編 7:57

○指導員がエネルギーを燃やせる仕組み
○人が自立するためのシステム
○未来を見越した組織づくり

DISC-B
本編 45:07

◆ダブルチェンジ
 レッグスルーからのダブルチェンジ
   レッグスルー▶フロントチェンジ
   レッグスルー▶ロールターン
   レッグスルー▶ビハインド
   レッグスルー▶レッグスルー
 ロールターンからのダブルチェンジ
   ロールターン▶フロントチェンジ
   ロールターン▶ビハインド
   ロールターン▶レッグスルー

◆スピードドリブル
 ノータッチラン
 スピードクロスオーバー
 インサイドアウト
 ボディフェイク
 実戦練習〜スピードドリブル
 スピードドリブルまとめ

◆チャレンジテクニック
 シャムゴッド
 椅子ドリブル
 長座ドリブル 両手
 長座ドリブル 片手
 開脚長座ドリブル ボール2個

◆チャレンジメニュー
 足下チェンジ
 膝下チェンジ
 ビハインド・レッグスルー
 連続レッグスルー
 ロール・バックチェンジ・フロントターン
 レッグスルー・ビハインド・バックターン
 レッグスルー・膝チェンジ

◆ドリブル・サマリー(ドリブル編まとめ)

*撮影時の状況により画質が良好でない箇所がございますことをご了承ください。

商品詳細

分類 対象:小中学生 レベル:初級者向け 内容:実技・インタビュー
仕様 DVD-video 2枚組、盤面2色印刷、トールケース入り・ジャケット4色印刷

プロフィール・その他

  • 鈴木良和 (すずき よしかず)
    1979年東京都生まれ。株式会社ERUTLUC代表取締役。「バスケットボールの家庭教師」代表。つくば市立作岡小学校、つくば市立筑波西中学校、茨城県立並木高等学校を経て、千葉大学教育学部スポーツ科学課程卒、同大学大学院教育学研究科保健体育専攻修了。修士。当初、サッカーをしていたが、転居をきっかけにバスケットボールにのめり込む。卓越した運動能力はありながら、体力・体格面で劣ることを自覚し、14歳で指導者の道を目指す。大学院在学中に「家庭教師」と「バスケットボール」を結びつけた、まったく新しい事業をひとりで始める。創業5年にして法人化を達成。夢を実現する力はだれもが認めるところ。「子ども達がなりうる最高の自分に近づけるように」という理念を体現するために、日々指導者育成や環境作りに取り組んでいる。
  • スポーツ指導は、音楽と同じく、優劣を競い合うものではない
    スポーツの指導をみなさんはどのように考えているでしょうか? 『バスケットボールの家庭教師』を主宰する鈴木良和氏は「音楽に近いイメージを持っている」と言います。
    「ロックが好きな人もいればジャズが好きな人もいると思います。ロックが上か、ジャズのほうが優れているのかという話ではなく、ロックはロックを愛する人にエネルギーを与え、ジャズはジャズを愛する人にエネルギーを与えている」。ですから指導についても「人よりも教える力があることを競い合ったり、他よりも良い結果を残すことに関して誰かと競争しているわけではない」と言います。つまり、自分たちの指導が正しいと強調することも、誰かより優れていることを強調することもなく、少しでも多くの子どもたちやそこに関わる方々に情報や機会を提供したいと考えているのだ、と述べています。
  • SUKO-UMA情報:「ドリブル篇」は全6巻という大作になりました。バスケットボールを始めたばかりのお子さんや指導者としてこれからしっかり取り組んでいきたい方にドリブルの土台から詳しくご紹介しています。
    VOL.3 ドリブルの基本
    VOL.4 実戦ドリブル1 縦の変化
    VOL.5 実戦ドリブル2 横の変化1
    VOL.6 実戦ドリブル3 横の変化2
    VOL.7 ドリブルの発展1 プリモーション
    VOL.8 ドリブルの発展2 アダプタビリティ