鈴木良和 Yoshikaz-Faith 今よりもっとうまくさせたい VOL. 5 シュートを極める [YFS13SY005]

鈴木良和 Yoshikaz-Faith 今よりもっとうまくさせたい VOL. 5 シュートを極める [YFS13SY005]

販売価格: 6,156円(税込)

在庫数 5点

商品詳細

鈴木良和のバスケットボール指導映像教材新シリーズ 第3弾!

シュート指導における最大の悩みはなんでしょうか?
 シュート指導のDVDもたくさん販売されるようになり、かなりの成果をあげるまでになりました。しかし、練習では入っても肝心な試合で成果をあげられない選手たちにどんな指導をしているのでしょうか?「シュートは好不調の波があるのは当然だから仕方がない」と諦めがちなのが現場における実態と言えます。この常識を覆そうと果敢に挑戦するのがShot編最後を飾る2巻です。

VOL. 5 シュートを極める

 まず「質が高いシュート」とは何かを問います。レベルの発展段階を考え、最終的に目指すべきシュートのあり方を整理して紹介します。その最終レベルが「目標とする大会で高い確率でシュートを決めることができる」です。次にこのレベルを困難にしている理由を探っていきます。「シュートは水物」という常識はなぜ生まれたのか、試合と練習では何が違うのか、その要因をひとつひとつ整理し解説していきます。ではどうやってそれらを克服して行けば良いのでしょう。どんな準備が欠かせないのか。そしてどんな点にもっとも注意しなければならないのか。「フィードバック」による自己修正力がそれらの鍵になります。しかし、それだけでは足りません。意識して直すこととともに重要になるのが練習量です。

本編 55:06

■質の高いシュート 技術とは
 ・テーマ:シュートを極める
 ・質が高いシュート技術を探る
質の高いシュート技術とは
レベル1練習でシュートが入らない
レベル2練習では入るが試合になると入らない
レベル3練習試合では入るが大事な試合になると入らない
レベル4目標とする大会で高い確率でシュートを決めることができる
土台には「徹底」が必要となる。では「何を意識して徹底したのか」
 ・シュートが水物と言われる理由は何か
練習と試合の違いは何か
環境、時間、体調、能力
 ・「万全な準備」を定義する
「落とさない」ために前提となる準備
準備1左右に曲がらないシュートフォームを身につける
準備2ファインセンタリングを習慣化する
準備3試合が練習通りになるために
スキーマ・シューティング
■常識を覆すための練習コンセプト
 ・「準備」の落とし穴
 ・即時修正力を高める
繰返し同じ外し方をさせない
スウィッシュで決めさせる
プレーの再現性を高める
フォロースルー・シューティング
 ・距離を修正する際の注意点
シュート距離を調整する *距離=速さ×時間
方法1アーチの高さを変える
方法2最高点の位置を前後にずらす
Principle「シュートのアーチは高い方が良い」
シュートの筒
シュートイメージ
スポット
 ・フィードバック/自己修正
付加的フィードバック
コーチからのアドバイス/客観的な映像など
内在的フィードバック
自分自身で確認/補助用具を利用/コーチが質問で導くなど
例)図工の授業
補助用具を利用
ボールにテープを巻く
手首に水平に割りばしを固定
 ・内在的フィードバックをいかに増やすか
上達の速さ=意識の量×練習量

*一部映像が良好でない箇所がありますのでご了承ください。なお内容は発売までに変更される場合があります。

商品詳細

分類 対象:一般指導者 レベル:一般 内容:座学&実技
仕様 DVDビデオ、盤面4色印刷、トールケース入り、ジャケット4色印刷

プロフィール・その他