小井土正亮 勝利から得たメンバー選考の「実践知」(下) VOL.2 実践の中で [FBH21KM002]

小井土正亮 勝利から得たメンバー選考の「実践知」(下) VOL.2 実践の中で [FBH21KM002]

販売価格: 7,260円(税込)

在庫数 36枚
数量:

商品詳細

「監督は何を考え、何をしているのか」

小井土正亮監督(筑波大学蹴球部)が「サッカー哲学」に始まり、トレーニングの考え方、メンバー選考に至る経緯など、実際に取り組んできたこと、そこで何が起こっていたのかを包み隠さず語った講習会動画を2巻にまとめました。

 トーナメント方式での大会で「監督の仕事としてもっとも困難な仕事のひとつ」といわれる「メンバー選考」。

 それをメインテーマに自らの研究課題として問い直し、発表された研究論文を間に、2017年のアミノバイタル・カップから天皇杯へと続いた連戦をどのように戦ったか、その後の総理大臣杯までのスケジュールの作成、現場で考えたこと、選手とのやりとり、起こした行動、それらが明らかにされていきます。

VOL.2 勝利から得たメンバー選考の「実践知」(下) 実践の中で 60'54"

◼️トレーニング

・平均75分(年々短くなっている)

・トレーニングすることを目的としない

・トレーニングスケジュール(2017年7月17日から7週間)

  トレーニングと休息

◼️トレーニングメニュー

・メニュー図版(2017年7月31日と8月1日)

  計画と実際

・「振り返る」ことの重要性

  日々のトレーニング→人は忘れる生き物

  停滞は衰退である

◼️試合に向けて(メンバー選考)

・基準

  フレッシュさ/ハングリーさ

  組合せ→カオスを作りだす選手・抑制する選手

  「思考・知識なスポーツ」であるより「感性・感情のスポーツ」

◼️実践例「2017年シーズン」

アミノバイタルカップ(7/1〜9)→天皇杯(7/12)

 ・7/1〜12で6試合

 ・7/8 準決勝から7/9 決勝 11名変更

 ・7/12 天皇杯 アビスパ福岡戦 9名変更

 ・7/5 3回戦→7/6に準決勝・決勝のスタメン発表

◼️試合が始まったら

・「想定内」のことしか起きない

  どこまでシミュレートできているか

・いかに「指示しないか」

  ゲーム時に「思考」を働かせすぎないようにする

◼️パフォーマンス局

・パフォーマンスを上げるためにできることはすべてする

  希望者のみ。全9グループ(データ、アナライズ、メンタル他)

・ピッチで自立した選手

  自身で考え、語り、影響を与えられる選手

◼️質疑応答

Q.1 ゲーム時に選手に情報を伝えないというが?

Q.2 「出たい」という意欲ある選手は納得するのか?

Q.3 PKやセットプレーにはどんなトレーニングを?

Q.4 高校生のスカウト時に重視するのは?

Q.5 ハーフタイムでどの程度の情報を与えるのか?

Q.6 選手の細かいところを見ることの効果は?

Q.7-1 選手からの直談判がうれしかったのはなぜ?

Q.7-2 想定外をなくすための準備とは?

Q.8 「変化を生み出す」選手は「良い変化」ばかりではないと思うが・・

Q.9 5チーム体制の各チームへの関わり方はどう異なるのか?

Q.10 「考えさせない」というが競技レベルによって違うのではないか

Q.11 指導者には「論理が必要」と思うが・・・

Q.12 良い選手は良い指導者になれないといわれるが・・

 

注)講習会で使用したスライドとは一部、表現・表記が異ります。質疑応答のQuestionは簡略化して表記しています。なお、講習内容は講習会開催時に基づきます。

 

※サンプル動画は本作品全体からの予告ですので、内容はVOL.1とVOL.2にまたがっています。

商品詳細

分類 対象:全般 レベル:指導初心者〜 内容:座学講習
仕様 DVDビデオ、盤面4色印刷、トールケース入り、ジャケット4色印刷

プロフィール・その他

レビュー

0件のレビュー