荒川優 速く走るための6つの法則 VOL.2 スタートII バランス ストライド 回転 [PSF16AY002]

荒川優 速く走るための6つの法則 VOL.2 スタートII バランス ストライド 回転 [PSF16AY002]

販売価格: 5,616円(税込)

希望小売価格: 5,616円

在庫あり
数量:

陸上選手以外にも10,000名を超える指導実績!

短距離走専門のプロフェッショナル・コーチが開発したオリジナル・カリキュラムで、あらゆるスポーツに通じる「走り」がまなべる。


 

 走りを「速くする」ことは当然ですが、その「走り」が、いま、行なっている「スポーツで活かす」ことができるかどうかはもっと気になりませんか? でも競技ごとに大きな違いがあるんでしょうか? 専門性が高まればきっとそれも問われてきます。まずは自分で自分の走りを見つけられるようにまなんで行けたらいいのです。

 「走り」を「形=フォーム」からまなんでいけば型にはまった走りになってしまいがちですが、荒川優コーチは「その人がいちばん気持ちよく、いちばん速く走れるのが、その人にとっての良いフォームなのだ」と言います。だからフォームから入るのではなく、身体の使い方から「走り」をまなべるようにオリジナルのカリキュラムを開発し、実践しているのです。

  タイトル通り、6つの法則を紹介していますが、「たった6つ」とは言いません。 6つでも身につけるのは簡単ではないからです。でも、この6つの法則を実践することで効果はすぐに現われるでしょう。自分の弱いところや強みを発見できるだけでなく、練習を重ねることで弱みを強みに変えたり、ひとつの弱点を克服することで相乗作用が働いて「走り」を高めていくことも可能になっていきます。

 映像に登場するのは、いろんなスポーツを楽しんでいる、ごく普通の小学生です。 自己タイムを更新したのはもちろんですが、さて、子どもたちは最後に何を発見したのでしょうか?

VOL.2 スタートII バランス ストライド 回転

本編 60分

■スタート第2章
・前傾の練習
・タオルダッシュ
・15mダッシュ

■バランス
・片足立ち/左右(測定・ポイント)
・バランスロケット

■ストライド
・助走つきけんけん(ポイント・練習)
・15mダッシュ

■回転
・2スキップけんけん(ポイント・練習)
・スピードスキップ(ポイント・練習)
・スピードスキップ&ダッシュ


【6つの法則 振り返り】

■50m走測定
 成果を測る

■まとめ
 なにが変わり、どう感じたか



*撮影時の状況により一部映像が不安定な箇所がございますのでご了承ください。



商品詳細

分類 走りを速くしたい方(小学生から大人まで) レベル:初心者でも大丈夫です 内容:実技指導
仕様 DVDビデオ、盤面4色印刷、トールケース入り、ジャケット4色印刷

プロフィール・その他

  • 荒川優(あらかわ・ゆう)
    1989年福井県生れ。専門は短距離走。筑波大学体育専門学群卒業後、一橋大学大学院商学研究科修了、経営学修士。現在、株式会社スポーツクラウド代表取締役。プロフェッショナル・コーチとして全国の子どもたちの指導にあたる一方、オリンピック選手の指導も担当。NHKテレビスポーツ教室の出演や競技専門誌での連載などメディアでも多数取り上げられている。小学校教員免許、中学校・高校保健体育教員免許取得。筑波大学時代は100mのエースとして活躍、2010年ニュージーランド・オタゴオープン 100m準優勝。自己ベスト 100m:10秒56
  • 「走り方」をプロコーチに学ぶ

    すべての基本は「走り」にある。
    陸上選手以外に10,000名を超える指導を行なってきた短距離走専門の「走り」のコーチがコツと練習法を伝授。
    フォームから入るのではなく、身体の使い方を教えてくれるから、どんなスポーツにも応用できる。

    「荒川優 速く走るための6つの法則 全2巻」
      VOL.1 腕振り フットワーク スタートI    本編57分
      VOL.2 スタートII バランス ストライド 回転 本編60分

    「走り」の指導はどれもおなじだと思っていませんか?

    ちょっとしたコツを教えてくれるDVDや映像は世の中にあふれていますが、短距離走の専門コーチが運動科学にもとづいて開発したカリキュラムは一線を画します。
    身体の部位やその使い方に着目して、子どもたちにも挑戦できる練習法やポイントをわかりやすく指導するシーンは必見です。
    「いつのまにか、足が軽くなって動いてる」「よくわかんないけど、スピードに乗れた」
    子どもたちの感想はふしぎなことばにあふれています。
    細かい技術を伝えるよりも、実体験できる練習のなかで自分たちでつかんだ「走り」のヒントは確実に身についていきます。