実戦イマジネーション・ベースボール VOL.5投手(1) [AVN15H9005D]

実戦イマジネーション・ベースボール VOL.5投手(1) [AVN15H9005D]

販売価格: 3,974円(税込)

希望小売価格: 6,048円

在庫数 5点

商品詳細

アメリカ大学野球とキューバのゲーム映像を豊富に盛り込むとともに、アマチュアリズム全盛の全日本代表チームのトッププレーヤーと、望みうる最高のスタッフが作り上げた決定版。

進化する野球に応えるための実戦理論ときめ細やかなトレーニング法
 世界の野球理論とトレーニング法は、驚くほど進歩しています。プロ野球とアマチュア野球では指導法が異なります。今、世界のアマチュア野球をリードしているのはキューバと米国。そして日本です。これらの野球理論が実戦でどう生かされているのかを、キューバや米国大学野球の試合の中からさまざまなプレーをピックアップして、具体的にわかりやすく紹介しています。さらに全日本代表チームのトッププレーヤーたちが最新の野球理論とトレーニング法に基づいたモデルプレーを行っています。
 米国、キューバの野球は『豪快な攻撃野球』、日本の野球は『緻密なチームプレー』と言われています。しかし、これはあくまでも表面的なことです。一見粗っぽく見える米国やキューバの選手たちも、スローイング、キャッチング、ランニングなど基礎的な技術を完璧に身につけています。彼らのエネルギッシュでエキサイティングなプレーもしっかりした基礎技術の上に成立しているのです。勿論、緻密で頭脳的な日本の野球も個々の選手たちのしっかりした基礎技術の上に構築されたものです。つまり、複雑なチームプレーも選手個々の基本プレーの能力如何にかかっていると言っても過言ではありません。

基本のキャッチボールから、高度なチームプレー、スポーツ医学まで。全12巻で徹底トレーニング。
 本ビデオ全12巻は「基本編」(1〜4巻)、「ポジション編」(5〜10巻)、「チームプレー編」(11〜12巻)の3分野の構成で、基本から応用へと段階的に進んで行けるようになっています。特に「基本編」「ポジション編」では、最後に練習法を盛り込み、練習の目的をしっかり認識させるように編集しています。

本編 24分22秒

■スピードとコントロール
 投球の二大要素
  スピード コントロール
  パワー フォーム
■フォーム
 投球のポイント
 下半身を中心に
  軸足
 上半身を中心に
  手の甲
  リリース
  フォロースルー
 サイドスロー  アンダースロー
■コントロール
 コース別打撃成績
 一般的に外角低めが有効
 コントロールを左右するのは軸足のプレート上
 でのぶれ
■配球
■変化球
 カーブ
 フォークボール
 チェンジアップ
 スライダー
 シンカー
 シュート

 この巻ではピッチングフォームの確立を目指し、その理論と具体的な指導のポイントを紹介します。投手の難しさは「スピードとコン トロール」というふたつの要素を両立させなければならないところにあります。そのためにはフォームが最も大切です。合理的な投手 のフォームを、コンピュータグラフィックスの映像を効果的に交えながら、下半身(軸足、腰、膝)と上半身(手の甲、肩、肘、リリ ース)とに分けて解説します。さらにコントロールや変化球についても、その考え方から方法論まで具体的に解説します。

*原盤の状態によりドロップアウトや色の変化する箇所がございますので、ご了承ください。表記事項はすべて制作時のものです。

商品詳細

仕様 DVD-Rビデオ トールケース入り ジャケット4色印刷 レーベル2色印刷

プロフィール・その他